断捨離をする

断捨離(だんしゃり)をご存知でしょうか?
断捨離とは断(た)つ、捨(す)てる、離(はな)す。
つまり自分からあらゆる物を遠ざけようという発想です。

仏陀は冨と家族を手にし、幸せの絶頂に思われた時に、
家族と冨を捨てて悟りを開くために旅立ちました。
その果てに大悟(おおいなるさとりの境地)に達して、世界のルールを
理解したという話から来ているのでしょうか。

まあ、突き詰めると不動産とか仕事とか全部捨てろって話になりますので、
一般的には「不必要なものを捨てる」という思想。
ミニマリズム(最小主義)にも通じている思想かもしれませんね。

世の中には、自宅を持たない人もいますし、
この時代に携帯電話も持っていない人もいます。
食事は1日1回しかしない人もいれば、
意識的に生涯未婚な人もいます。

私も不動産投資に行き詰った時、
断捨離を実行しました。

今は88㎏位体重がありますが(重すぎ)、
禁煙、禁酒をして、菜食主義を取り入れ、体重を65㎏まで減らしました。
その後魚や鳥を解禁してまた元に戻りましたが、
同じデブでも健康診断は100%健康の、ある意味「健康なトド」

状態になりました。

トドはデフォルトでデブなので私も多分そうです。
さて、

それはさて置き池田恒興。
と、わかる人だけわかることを言って次に進みます。

断捨離は極めて有効な戦略です。

要するに「必要なもの以外は持たない」
という事です。

ウォーレン・バフェットは株式投資をします。
裁定取引に一度だけ手を染めたことがあるそうですが、
その際に、母親に心の中で謝罪したと言います。
彼は株式投資だけ、それもバフェット流のバリュー投資だけを行います。
食べ物に関しても決まったレストランで、
決まったメニューをオーダーし、
飲み物はいつもコーク。

これなのです。
そしてスティーブ・ジョブズも言いました。

「何をしないかを決めることは、何をするか決めるのと同じくらい大事だ」

余計なことすんじゃねえ。
という事です。
サラリーマン + 不動産投資 のライフスタイルを実現する上でも
極めて重要です。

特に 出世 → 出世もして不動産もやるという選択もあります。
出世をあきらめろと言うつもりはありません。
「穴が小さいほうが、水は勢いよく飛ぶ」

と、言っているのです。
私の提唱するサラリーマン + 不動産のライフスタイル。
残念ながら中途半端な戦い方だと言われる人もいます。

サラリーマン1本で集中して成果を出そうとする人には勝てません。
また、不動産投資だけで突き進む人には勝てません。

中途半端な戦い方なのです。
中途半端なことを認めたうえで、その中途半端(だけどぬるくてサイコー)
を実現するのであれば「なおさら」
ポイントを絞って戦う必要があるのです。

ポイントの絞り方とは?

まず会社内、取引先、サラリーマンとして無駄な飲み会や、会議は極力参加を断る。
サラリーマンとして時間を使った分に見合い、なおかつクビにされないレベルの
仕事のクオリティを実現したら、それ以上のコミットはしないという事です。

投下した時間 と 給料の額をグラフにして下さい。
給料には限界があります。
私も昔は年収350万で粗利4,000万という目標を与えられ、
半年で達成したら達成できない人のノルマも与えられて、
粗利8,000万を稼ぎました。
結果得られた給料は350万円のみです。

どうでしょう。
ノルマを達成できなかった人は給料が下がったか?

いえ、全然下がりませんでした。

ここから得られた教訓は

「やってもやらなくても同じ」

これに尽きます。
こんな会社にいる!

という人は冷静に考えてください。
怒る必要はありません。
相手の行動原理「稼いでも稼がなくてもサラリーマンの給料は変えない」
という事です。
1カ月30万円で自分の人生を売っているのです。
そして法律上残業には割増賃金を払うこと。
有給休暇を与えることが義務付けられています。

なぜ法律上?
それは法律で縛らないと、経営者はそんなサービスを与えないからです。

4,000万の粗利を稼ぐ社員に 400万円払ったら、残り3,600万はオーナーの
モノになります。
処分権はその企業のオーナーに帰着するのです。

どうでしょうか?
それでもなお、一生懸命働きますか?
私はこれを33歳までやりました。バカです。
そして会社を辞めるときはいつも引き留められました。
私は涙を拭いて辞めましたが、
何のことはない。金づるだから引き留めただけです。

さて、話を戻しましょう。

だから、「これ以上低い成果だとクビ、給料下げられる」
という水準ぎりぎりの働き方をして、
残った時間で金を稼ぐことです。

不動産を持っていないなら、
私のようにダブルワークをしてもいいです。
ブログが好きで文章を書くのが得意ならそれで広告収入を得るもよし。
何もない人は5時に仕事を終わって、
居酒屋でバイトでもいい。

とにかく稼いで稼いで、カネを作って、
そのカネを収益を生む不動産に転換していくことです。

私が断捨離したものは、
かなりの数あります。

時計・・・要りません。
スーツ・・・3万円の既製品でOK、必要以上のコストをかけない。
ビジネス靴・・・アマゾンで5,000円の革靴でOK。すり減ったら捨てる。
コンタクトレンズ・・・眼鏡でいい
髭(ひげ)・・・剃る時間の無駄。永久脱毛しました。

その他目に入る、ありとあらゆるものを捨てました。
書籍以外はすべて一度は「捨てる」べきか否かの判断をします。
モノに限りませんよ。

酒、タバコ・・・時間の無駄以外の何物でもない。
人間関係 ・・・全部切りました。ゼロです。家族だけ。
年賀状 ・・・不要です。出しません。SNSで十分。
写真 ・・・ 過去は振り返りません。前だけ見ます。
食器 ・・・ 大皿1枚のみ

などなど。
そうしていくと、時間ってこんなにあったんだー!!!!
という状態になります。
そう、まだ勤め人を辞めていないのに!
すごーーーーーーく時間ができます。

同僚は付き合いゴルフとか、
上司ヨイショ飲み会とかやってるので、
そりゃー時間はないでしょうね。

私はそうやってできた時間で、Twitterを見て、
サウザーさん(http://fist-of-phoenix.com)を知り、
これだ!と、思ってTwitterとブログで情報を発信することに気づきました。

もしタバコを吸ったり、付き合い飲み会なんかやっていたら、
こうしてブログを書くこともなかったと思います。

断捨離は、新しい何かに出会うために、要らないものを捨てる作業です!

Let’s 断捨離

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください