スピードを出して投資する

「早いプラン」と「遅いプラン」

投資にはスピードも大切ですね。

40代で年収1,000万円に到達できるのであれば、
そこそこ良い方ではないでしょうか?

しかし、20代で1,000万円達成できるとしたら、
それはもっと可能性にあふれているのではありませんか!
20歳から40歳までの20年間、1,000万円の年収で、たくさんのことができます。
そのお金と時間を使うことができますから、40歳で達成するのと20歳で達成するのでは
全く価値が違います。

同様に不動産投資にも『早いプラン』と『遅いプラン』があります。

『早いプラン』

早いプランは投資金額を大きく、借入はもちろんフルローン、家賃収入ー返済額の値を
極大化するプランです。
この手法は地方のRC物件に狙いを定めて投資していくことで、素晴らしいスピードで
事業規模を拡大させいていくことができます。
私の実行しているプランは、「早いプラン」ではありませんので、
詳細は説明しません。

私も理屈ではこの「早いプラン」に乗った方が、投資リターンを稼げることはわかっています。
しかし、どうしても体が動かないのです。
地方=怖いという病気に感染しているようなものです。
実際やって見れば案外順調にいくであろうことはわかります。
でも、なかなかできないのです。

ですから

私のプランは『遅いプラン』

現金で区分や戸建を買う。
これは極めて遅いプランです。
2億円借りて、10%の利回りで回せば、家賃は年間2,000万円です。
この1回の投資で家賃が2,000万円。

私はここまで10年かけて14件の投資をしてきましたが、
投資金額は1億円強に過ぎません。
家賃も1,200万円です。

さらに返済額も2億円を20年1.5%で借りたら、
返済額は月々97万円程です。
家賃収入は180万円なので、半分は手残りがある計算になりますね。

いきなり月収手取り83万円

ですよ?
新卒サラリーマンの手取りは月20万円切っているというのに、
いきなり83万円なんてずるい!
そう、早いプランは早いのです。

しかし、私はそれができない!
なぜか?

億単位の借金が怖いのです!

まだ私の債務は8,000万円台です。
給料も1,000万円以上ありますから、
まあ、いざとなったら給料で返せるのですが、
なかなか億になると恐怖心があります。

そんな事情で私はまだここで足踏みをしている
(2018年8月時点 14戸目)のです。
皆さんはどうでしょうか?

いきなり2億の借入。
借りられるものなら借りてやりたい!
と、思うタイプもいれば、
私のように恐怖心があって、まずは現金で試運転。
という人もいるでしょう。
少なく3,000万円くらいからやってみる。
そんな人もいるでしょう。

私はどちらでも正解だと思います。

早いプランで行くのか?
遅いプランで行くのか?

それを決めるのは自分です。
自分にしっくりくるやり方でやりましょう。

最近スルガ銀行の不祥事がありましたが、
この詐欺的なスキームに引っかかった投資家は
「早いプラン」

「遅いプラン」

どちらに乗ろうとしたのでしょう?
恐らく何が速いのか?
何が遅いのか?

全く理解できないままに損失を膨らませてしまったのだと、私は思います。

プランがない人は?

プランがない人はプランがある人のプランに乗るしかない。

これは私の言葉です。
人生の目標がない人は、目標がある人の目標に乗っかっていくしかないのです。
サラリーマンとして何も考えずに給料をもらって生きているだけというのも、
プランがない人間の人生です。

どうでしょう。
あなたにプランはありますか?

そしてそのプランは早いプランなのでしょうか?
遅いプランなのでしょうか?

そして何よりそのプランに満足しているでしょうか?

是非一度考えてみましょう。

ちなみに私のプランは遅いですが、
満足しています。

なぜならば2億円を1回でミスったら大損ですが、
14回に分けて投資することで、1回のミスの損失が限定的になりますね。
そうやって経験値を高めながら投資しているので、
私は満足です。

どこかのタイミングで、一気に早いプランにギアチェンジすることも当然考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください