先に資産を買う

モノを買うには順番がある。

カネを貯めてから買うという順番だ。
カネを貯めずに買おうとすると借金を利用する必要がある。
借金を利用したら金利を払わねばならない。
結果として高い買い物になり、貧しくなる。

賢明な投資家はさらに一歩進む必要がある。
カネを貯めてから、モノを買わずに、資産を買う。
資産とはお金を生み出すマシーンだ。
(株式の配当、債権の金利、不動産の家賃、さらには自分のビジネス)

資産が生み出したカネでモノを買う。
これが正しい。
資産が生み出したカネで生活費が賄えるようになると、
それを経済的自由、労働力販売業からの開放ということになる。
現代資本主義の一旦のゴールこそ、この「経済的自由」である。

ロバートキヨサキによって提唱された「経済的自由」の概念は
現在でも労働者階級の目指すゴールとしてその輝きを失っていない。

「自由」は人間にとってかけがえのないテーマであり、
求めてやまないものである。
「自由」を勝ち取るためにはいかなる犠牲を払うこともいとわないのである。
進撃の巨人のテーマもそこにあり、
「自由」を求める戦いなのである。
「自由」を得た人間が他の人間に不自由を強いることにより、
再び自由を得るための戦いが始まる。

人類の歴史もすなわち「自由」を求め続ける戦いだったと言える。

相当ハデに脱線しましたが、

「先に資産を買う」のです。
そうすれば自由にモノを買うことができます。

2件のコメント

  1. ブログ、非常に面白いです。全記事読ませていただきました。

    私はSATさんの一回り下くらいの年齢で、去年不動産投資を始めたばかりです。まだ練習みたいなもんですが。まず自宅マンションを買い、加えて親が住む区分マンションを買って親に貸しています。普通の住宅ローンが組めたので相場より少し安く親に貸して親孝行しています。

    そろそろ実践編に行きたいのでレバレッジはあまり掛けずに戸建て投資あたりから始めていきたいと思っています。この辺の何か情報について今後記事にしていただけると非常に嬉しいです。更新楽しみにしています。

    1. コメントありがとうございます。
      スタートは私と同じくらいですね。昔を思い出して非常に懐かしい気持ちです。
      心構え的な話が多かったので、少し実践編も書いてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください