物件の探し方

不動産投資をスタートするにあたり
具体的な一歩はどう踏み出したら良いか?
という話。

私が不動産投資をスタートした時は28歳。
まず、Yahoo不動産やSuumoを使って自宅を買いました。
これが今の1号物件 高田馬場物件です。

結果的には失敗っぽいフレーバーですけど、
今となっては残債2,000万で市場価格が3,000万なので、
負けてない、負けてない。と、自分に言い聞かせ、
今このブログを書いているこの瞬間でさえ、
負けたのか?と悩んでしまう物件でした。

さて・・・・。

初心者が具体的に物件を探す方法は以下の通りです。
初心者といいつつ私も実際初心者と同じ方法で探しているので心配無用。

 

① 建美家(https://www.kenbiya.com

言わずと知れた不動産投資家御用達サイト。
このサイトを知らなければモグリであると言うほど有名なサイト。
使い方?ここで聞くのは間違っている。
いけば分かる。

② 楽待(らくまち) (http://www.rakumachi.jp

これまた言わずと知れた不動産投資家御用達サイト。
このウェブサイトをショートカットに入れていない。
若しくはアプリに入れていない投資家はモグリどころか、単なる嘘つきだ。
お前を一生守る!というプロポーズの言葉くらい嘘だ。

③ 不動産ジャパン (http://www.fudousan.or.jp

たまに掘り出し物が見つかるサイト。
私は1件(市川物件)をここで見つけました。

とりあえず初心者はこの3つを巡回すること。
自分の好きなエリアの検索条件を登録して、できれば毎日、
できなくても3日に1度は見る、見る、見る。

これは!と思う物件があったら見に行く。
真夜中でも見に行く。
昼間でも、雨でも行く。
そんな投資家は成功する。

ちなみに私はろくに見ない。
買う前にチラ見する程度だ。
ただ、最初の物件から5件目くらいまではよく見た。
初心者が見ないとは言語道断であるが、
ろくに見ないで買付を書ける根性があるなら
まあそれはある意味神だ。

かぼちゃの馬車とかワンルーム屋の説得のように
背中を押す人もいない中で
数百万の買い物をする根性は普通ない。
大体見る。

「うわっ。ボロ杉www」

と、見に行った戸建住宅の周りに草を生やしてしまうのがオチだが、
そこを乗り越えて買うのです。

実際、不動産投資を始める最大の障壁は
物件の古さだ。
「こ、こ、こ、これをウン百万で買うんですか・・・ゴゴゴゴゴゴ」

という状況。
大体嫁と見に行って「ここに住もう」と言ったら、
嫁が間違いなくしゃがみこんで泣き出すレベルであることのほうが多いし、
そういう物件のほうが収益性が高いことも申し添えておく。

上記3つのウェブサイトを
よく見て、収益性を計算し、リフォーム代を見積もり、買う。
手持ちのカネがなければ調達する。
修理する、テナントを探す、入居させる、家賃を貰う。

これだけだ。

率直に言って、世の中に不動産投資ほど確実な商売はない。
不動産でうまくいかないヤツは商売は絶対無理だ。

今日はコメントを頂いたので、それに沿って書いてみました。
リクエストがあればそれに沿った内容を書きますので、
お楽しみに。

1年間毎日更新、Twitterも毎日つぶやきを心がけているのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください