孤独であること

人は一人で産まれて一人で死ぬ。

事実である。

人間は社会を作って生きる習性がある。
社会を形成せずに50億にまで増えることはできない。
孤独に縄張りを形成していたら争いが起きるので
個体数は減るはずである。

しかしながら、人間は本来孤独なのである。
孤独と向きあい、克服する必要がある。
私は一応は妻も子供もいるが、いつ一人になっても困らない。
全財産を失ってもまたゼロから作ろうとする。

成功するための作業は孤独にやらなければいけない。
群れて仲間がいるから成功するものではない。
最後は一人で殻をブチ破って出るプロセスが必要である。

私を金持ちにするのは何か?

私だ。

他の誰も私を幸せにしてくれない。
(一応私は妻子まではある程度幸せにしようとします)

投資家であろうとするならば、
孤独を恐れてはいけない。
孤独に資金をためて、
孤独に投資して、損失を出したら一人泣き、
利益が出たら一人高らかに笑おう。

仲良しのお仲間がいることも楽しいだろう。
しかし、一方が大損をかました時に
全財産を投げ打って助けるか?
投資のお仲間なのに?

要らないのである。
孤独に牙を研いで、孤独に稼ぐ。

私が投資を進めるにあたって、パートナーは確かに存在する。

不動産ブローカー、管理会社、リフォーム会社、
税理士、司法書士、建築士などなど

彼らは友達ではない。
お互いの専門性を活かしてカネを媒介してつながるパートナーに過ぎない。
家族でもない。

やはり投資は一人でやるものだ。
さまざまな意見を戦わせて失敗を回避する投資もあるかもしれないが、
サラリーマンの複業レベルの話であれば
孤独にやるしかない。
意見をくれるメンター的な人もいるかもしれないが、
投資のプロがド素人にタダでアドバイスなんかする必要はない。

カネを受け取らずにそんなことをする奴は怪しいと思っておいたほうが間違いはない。

では私はなぜブログを毎日書いているのか?有料サーバーまで借りて。
それは将来独立、まさに独(ひとり)立った時の暇つぶしであったり、
ブログを何年も続けて信用を得て、私の会社の債権を買ってもらうためである。
明確な見返りを期待して書いている。

とにかく!

孤独に戦って勝利し、自由を獲得せよ。

書を読み、セミナーに参加し、知識を得て、
カネを稼ぎ、資産を買い、増やすのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください