勤め人の限界と不動産投資の限界を突破する

税金風味な話

税金テーブル

何度も、何度も出しますよ。
なぜならばこれ、一生私たちが使うものだから!

今皆さんはどのカテゴリーにいるでしょうか?
私は23%の世界にいます。

別途住民税が10%一律課税されるので33%の課税世界に住んでいます。
所得800万円とすると184万円を納税する身分というわけです。

別途法人も持っていますので、

法人税も見ておきましょう。
法人で節税の限りを尽くして所得800万円、
つまり税引前当期純利益が800万円って相当なもんです。

昨年私の法人は1件売却、1件火災保険収入でなんとか800万円に
達しましたが、
基本的に家賃収入1,000万円程度ですから、
税前当期純利益800万は当面ないでしょう。

まあ、この所得税、法人税のイメージは抑えておきましょう。
経済的に独立すると、
自分の給料を自分で決めることができます。

個人としての所得がどのゾーンに入るのか?
その結果法人の所得がどの程度減って、その結果法人税がいくらになるのか?

とても大事なポイントです。

33%の世界に留まろうという愚かな発想

自分に対する戒(いまし)めの意味も込めて言いますが、
私は個人の所得税33%の世界と、
法人の税引き前当期純利益800万円以下の世界に抑えようとしています。

これは極めて

愚かな行為だ

と断言します。

自分の成長の限界を決めてしまっています。
所得を抑えるというのはトップライン(売上)を控える行為です。
それをやっていたらいつまでも小さな世界のままです。

1日も早く次の大きな世界に進むべきなのは言うまでもありません。
著名不動産投資家も大体キャッシュフロー300万円くらいになると、
競馬をやりだしたり、
ハワイに家を買ったり、
趣味の世界に入ってそれ以上拡大しなくなります。
多分私もそのクチですけど、

そもそも私はまだそこへたどり着いていません。

今から個人の所得ゾーンは33%ゾーン。
法人は税前800万円のゾーン。

と決めてどうしますか!!!!
一刻も早く法人で私に給料を払っても
税前当期純利益が3,000万円になるくらいにいかないと
話になりません。

陥りがちな失敗

特に高給サラリーマンとか医者にありがちですよ。
全然笑いごとではありません。

高給サラリーマンや医者がハマるトラップ(罠)を思い出してください。
そう、新築ワンルーム投資で節税しましょうの罠。

彼ら(新築ワンルームの営業マン)
節税しましょうというのは
損をしましょうというのと同義ですからね!!!!!

給料が2,000万円になったところでまだ43%の世界です。
次にやるべきなのは所得の分散であって、
損を出して33%の世界に戻ることではありません。

つまり法人化です。
自分の法人が自分に給料を払ってくれるようになって、
勤め先からの給料に依存しなくなってやっと独立です。

たった2,000万の稼ぎでは一生奴隷ですよ!
私も給与額面と不動産で3,000万円を超えたこともありますが、
そんなもんでも全然安心できません!

まとめじゃい!

自分への戒めも込めて!

所得を抑えるなどという愚かな真似は早い!
毎月CF200万円を達成するまで、
ブレーキを踏んでいる暇はない!

所得の圧縮ではなく、所得の極大化が最優先だ!

 

はい。
でも有利な節税は是非取り組みましょう。
過去記事で小規模企業共済とか、
勤め人 +アルファに相応しい節税方法をまとめていますので
そちらの記事もご参照下さい。

という CM

勤め人としての節税集

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村