住民税が辛い話

税金

2020年の所得2,600万円、2021年の所得1,300万円

去年は年収が半減した。
おととしは年収が多かったのが主な要因だが。

単純に計算してみると、
住民税が260万円だ。
月に均すと21万円の住民税なわけだ。

毎月給料から天引きされるが、
これが辛い。
手取りが10万円も違ってくるのである。

私のタイトな財務状況だと、
余剰資金は返済にすぐに回してしまうので、
日々の生活費を賞与に依存せずに、月給だけで賄おうというスタイルのワタクシ。
非常に生活が苦しかった。

ぶっちゃけていうと、
私の給料は手取りで50万円。
自宅が社宅だが、自己負担分もあるので、43万円位の手取りになる。
これがここ1年程、33万円だったのだ。

住民税の源泉徴収額が変更になるのは6月からなので、
5月まで、この苦しみが続くことになる。
そもそも基本給は人並みで、
賞与の方が固定給より多い場合があるという特殊な給与体系なので、
こういう「事件」が起きてしまう。

勤め人は生活プランが立てやすい

勤め人は月給制で、
ほとんど一定だ。

月々の生活をハンコで押したように同じような収支計画で過ごすことができる。
安定した生活(笑)を送るためには非常に良いシステムだ。

しかし、
賞与が大幅に上下する働き方をしている場合、
私のような事件が起きる。
私はせいぜい10万円だったものが20万円になっただけだが、
もっと上下する勤め人だと辛いことが起きるだろう。

5000万円の所得があると、住民税は500万円となり、
毎月46万円以上が給与から天引きされてしまう。
翌年の所得が1,000万円程度だと、手取りがほぼ吹き飛んでしまう。

5,000万円貰った!!!
と、はしゃいで、全額高級車やマンションの購入に充てたら、
翌年の納税で死ぬことになる。

気を付けたいが、
私の勤め先はそこまでのアップダウンはないので、安心だ。
年収が多かった年はその翌年の住民税を考慮しておかねばならない。

2,500万円の所得を得たら、10%は住民税の支払のために別建にして
貯蓄しておかねばならない。
自分の給料を自分で積み立てる感覚だ。
勤め人なんて早く卒業して、
自分の給料は自分で決めるに限る。

つづく

3 件のコメント

  • SAT様
    初めての連絡にもかかわらず、コメントにて失礼をさせて頂きます。マルコと申します。いつも有意義で示唆に富むtwitterやブログを拝見させて頂いております。
    コメントするかどうかずっと迷っておりましたが、やはり自分の気持ちをお伝えしたくコメントをさせて頂きました。
    本日は一つSAT様にご連絡をさせて頂いたのは、ただただ「感謝の意」を述べさせて頂きたいためでございます。
    個人的なお話しで大変恐縮なのですが、実は私もSAT様と同じように、有名私大の法学を卒業し、その後、ロースクールに進学して、司法試験を受験しましたが、自分の能力を見誤ってしまい、失敗してしまいました。
    その後、1年間ニートをし、遅ればせながら大手企業に入ろうかと就活をしたのですが、それもうまくいかず結局唯一採用してもらえた都内にある中小コンサルティング会社に入社いたしました。あの頃を思い出しますと、Facebookを見ると自分と同じ机で勉強していたが友人が大手企業で仕事をしていたり、自分と成績がそんなに変わらない友人が四大法律事務所のホームペーに写真が掲載されていたり、とネットでばかり検索をしていました。
    「俺、なんでこんなことになってしまったのか」という焦り、絶望、後悔だけしかなかったです。きっと、SAT様も同じような経験があられるのではと勝手に想像しております。まさに、暗黒の20代です。
    ある日ネットで検索していて、本当に偶然にもSAT様のこのブログに辿りつきました。そこで初めて、私と同じような境遇の方がおり、今はサラリーマン+投資家・資本家をされて、人生を再生されているSAT様の記事に出会いました。「これだ」「もうこれに賭けて、人生を再生するしかない」。当時既に30手前で、サラリーマンという生き方にが嫌になっていた私はブログの記事を遡って拝読し、不動産投資や聖帝先生のことを知りました。
    これが2019年ころのお話しでしたが、それからお金を貯め、不動産を探し、法人を立ち上げて、2021年4月にやっとロードサイド店舗を買いました。そして、ついに今年2月に賃貸借契約が成立し、3月10日に初めて家賃を頂戴いたしました。70,000円と少額ではありますが、資本家としての一歩を踏み出しました。
    少し大げさなお話で恐縮なのですが、SAT様のブログがなければ、司法試験に失敗しても人生はやり直せる、大手企業に入れなくても攻略方法はある、不動産投資という方法、そして、資本主義の攻略方法を既に言語化しているサウザ―師匠という方がおられるこを知ることはありませんでしたし、私はここまで来れませんでした。その意味、SAT様のブログは、真っ暗だった私の人生にとって一筋の明かりでございます。本当に感謝しております。
    健美家コラムがなくなってしまい大変残念ではありますが、twitterやブログの発信をとても楽しみにしておりますし、きっとそれは私だけではなく、人生に絶望しつつも、なんと這い上がりたいという司法試験受験失敗組にとっての希望だと思っております。言いたいことはまだあるのですが、これ以上長いと気持ち悪いかと思いますので、これくらいにさせて頂ければと存じます。
    引き続き、陰ながらSAT様のことを応援させて頂いております。

    • マルコさん
      コメントありがとうございます。
      最も励みになるコメントです。

      私は法曹になれなることはできませんでしたが、
      最高裁判所長官よりも高い年収を実現できました。
      私は実は法律家になりたかったわけではなく、カネ持ちになりたかったのでした。

      カネ持ちになって、何でも好きなことができるようになった時
      やっと本当の自分の人生が始まったような気がします。

      人生を楽しみましょう。
      少し余裕ができたら余裕の範囲で人を助けましょう。

      GOOD LUCK!

      • SAT様

        ご返信頂きありがとうございます。
        「私は実は法律家になりたかったわけではなく、カネ持ちになりたかった」という点、共感いたします。
        私は30歳を超えてやっと自分のその本音を認めることができました。
        まだ自分の人生の完全なる所有権を取り戻す道半ばですが、周りに惑わされることなく、冷徹に次の一手を打とうと思っております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください