不動産投資のリスクリターン

不動産投資はミドルリスク、ミドルリターンだという話がありますが、
それはド素人の意見ですね。
不動産投資のリターンはコントロール可能です。

私が購入した高田馬場のマンション。
頭金ゼロです。
毎月13.6万円の家賃収入で、
ローン返済、管理費修繕費、税金等を払って1万円のキャッシュフローが残ります。
そのうち元金の返済も6万円あります。
元金の返済は損益計算上は経費ではありません。
BS上借入金の減少ということで、
利益です。

頭金ゼロでリターン7万円×12万円=84万円のリターンが得られるわけで、
これは利回り無限大です。
しかし、空室が発生すると毎月11万円自分の自己資金を切ってきます。
35年の間には何ヶ月も空室は発生するわけで、修繕費もかかります。

84万円はこれに充てられていくものです。
まさにハイリスクハイリターンです。

まあ現金で買っていれば利回り5%程度で、
年間160万程度入金が続いていきます。
これならミドルリスクミドルリターンといえるでしょう。

物件価格(キャピタルゲイン OR  キャピタルロス)
という意味でのリスクリターン。
家賃収入とレバレッジのかけかたによって
全く違った景色が目の前に広がるわけですね。

よって不動産投資は〇〇

みたいな決め付けはやめたほうがいいでしょう。
物件は100件100様です。
全く同じ不動産は1つとして存在しません。

個別具体的に分析していくことが重要です。
がんばりましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください