サラリーマン投資家の王者「芦沢晃氏」

サラリーマン大家さんが本音で語る中古マンション投資の極意
(wrtten by 芦沢晃氏)

リンクをクリックすると
アマゾンのサイトに飛びますが、
私には1円も入りませんので安心してください。
私に払いたい人は下から買ってください(笑)

私が不動産投資を志した時には、
メンターというか
アドバイスを聞く相手はいませんでしたが、
この芦沢晃さんの著書が
私の不動産投資スタートに際してのバイブルでした。

芦沢さんは大手電機メーカーのサラリーマンで、
自宅の購入に際して、
バブル経済崩壊の影響もあり、
結構な損失を出しました。
しかし現金のワンルーム買いを「機械的に」続けることで
すさまじい資産を形成した天才です。

都心ワンルームで積み立て、
複利運用を何十年も徹底して繰り返したことで
大きな成功をしたと言えます。
確かに投資としては借入を使って大型の物件を買い進めれば
もっと効率がいいです。
ご本人もそれは100も承知です。

しかし、あくまでもサラリーマンとして組織の中で働くことに
意義を見出していらっしゃいまして、
専業不動産投資家になられるおつもりはなかったのでしょう。
あくまでもサラリーマンを補完する収入を得る目的で、
ワンルーム投資をしていたとのこと。

そしてワンルーム投資も最初からうまくいったわけではなく、
最初は借入を使って築浅を買って、
失敗な感じになってしまっていることも興味深いです。

その小さな失敗も次の投資の成功の糧にして進んでいくそのスタイルには
不動産投資業界の皆さんは一様に尊敬のまなざしを送っています。
まさにご本人のお言葉を借りると
「トライandエラー」を繰り返して最適化させていくことです。

その後も2冊の続編の本を出し、
このスタイルの投資が鉄板であり、長期生存のために
有効な戦略であることが証明されています。

コンサルと称して不動産投資家からお金を吸い上げようとしたり、
不動産業者からキックバックを貰うような連中とは一線を画しています。
私もこのサイトでは広告を付けていませんし、
無駄な絵も入れていません。
基本文章のみで、同じくサラリーマン+アルファ(=不動産)で
ちょっとカネをもらって豊かに暮らしたい皆さんの助けになればと、
その一心でやっていますが、
その姿勢はまさに芦沢さんからの教えを忠実に守るものなのであります。
(将来的にはアフィリエイトするかもしれませんが)

ちょっと脇道にそれましたが、
私が不動産投資を始めるにあたってバイブルにしたのはこの方のこの本です。

私の保有物件一覧を見て頂ければ、
「なるほど」
と、確かにその影響を受けていることがお分かりいただけるでしょう。

最初のメンターというか指導者は大事です。
間違っても悪徳不動産業者さんや、悪質なコンサル的大家に師事して、
出足から躓(つまづ)かないように気を付けましょう。

私は芦沢さんの影響を受けながらもその後ワンルームが高騰したので
戸建住宅にシフト。
さらに借入も使ってスピードアップを図っています。

私はサラリーマンが安全にスタートを切るためには
芦沢さんの著書は必読だと思います。
確かに最初から借入を大きく使ってドでかい奴をやった方がいいですが、
投資は大きな失敗さえせずにマーケットにずっと居座って
小さく長く稼ぐことが利益を最大化する上での鉄則です。
5年遠回りしてコツコツやってでも積むべき経験があると、私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください