榊原 康政

将軍徳川家
「榊原康政 家紋」の画像検索結果
家紋は榊原源氏車
「榊原康政」の画像検索結果

榊原 康政(さかきばら やすまさ)
生誕 1548年 ~ 死没 1606年6月19日 ※享年59歳

所領拡大
乱世に生まれたからには
武を以て所領を増やすべし

先手必勝
戦を以て所領を奪うべし
先手必勝、
自ら攻めて活路を見出さん

商業主導
商いにも力を用いるべし
商圏の広がりは領地の広がりにも通じる

武力で自領を安定させた有力武士たちは、
次第に旧時代の支配層を排除して
力を伸ばしていきます。
戦国大名となった彼らは、
自らの、そして家臣たちの領地を広げるために
外へ外へと侵攻していくのです、。

基本(落城重視):攻城戦での強行の威力が上がる
条件(攻囲戦術):攻城戦で包囲の威力が上がる
条件(拡大主義):領外で決戦すると部隊の防御力が上がる
悪(虎の子):拠点を失うと家臣の忠誠が大きく下がる

兵糧の買い占めによる米価のつり上げや、
御用商人による大名への武器の納入など、
戦国時代は戦と商業の関係性も強まっていました。
所領拡大を目指す大名同士がぶつかり合うとき、
その裏では商業を巡る争いも必然的に起こっていたでしょう。

基本(商敵排除):商圏の独占費用が減る
条件(商売上手):領外の商圏の金銭収入が増える
条件(商売繁盛):領内の商圏の影響力が毎月上がる
悪(頭打ち):商圏の投資費用が増える

統率 84
武勇 83
知略 82
内政 49
外政 61

© コーエーテクモゲームズ ALL Rights Reserved.

小牧・長久手の戦いの無双っぷり、森長可&池田恒興を討ち取る

作成中です。