徳川(松平)信康

将軍徳川家
『信長の野望・大志』デモ版,画像,顔,Nobunaga’s Ambition: Taishi,信長之野望.大志,頭像

松平 信康(まつだいら のぶやす)

生誕  1559年4月13日 ~ 死没  1579年10月5日 享年 21歳

「徳川信康」の画像検索結果

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

徳川家嫡男松平信康の死

わずか21歳で自害に追い込まれた松平信康の死の真相を今日は考察したいと思います。

オリジナルの志はなし。「家名存続」です。詳細は省略します。

統率 74 武勇 85 知略 65 内政 52 外政 53

何故か武勇が高いですね。
山岡荘八先生の「徳川家康」においてはかなりの乱暴者であったとのことで、
無実の僧侶を惨殺した記述もありました。

信康「義父の信長も比叡山を焼き討ちしたであろう」
家康「あれは仏の名を借りて権力をほしいままにしたからじゃ。」

というくだりもありました。
詳細は後述しますが、合戦での活躍は事実あったようですから、その辺りを評価されたのかもしれません、

大志での描写

2つに分かれていますが、動画でどうぞ。

事件の概要

家康嫡男の信康が武田勝頼と通じて謀反の恐れありとのことで、
信長の命令で家康が切腹に追い込んだ。
一言ではこうなりますが、諸説あります。

動画では信康を家康が扱いきれなくなって自害に追い込んだという
よくわからない内容になっており、不満!

自殺に追い込まれた理由

築山殿首謀者説

信康の母親は今川義元の姪(諸説あり)の築山御前(駿河御前)であり、
信長は叔父の仇という事で恨みを持っていた。
そのため築山御前が首謀者となって武田と内通したという説。

これは反対です。
これはない。殺す殺されるは戦国の世の常。
それが理解できない女性は「淀殿」だけかなと。

家康の愛情が冷めた説

ちょうどその年に2代将軍秀忠が産まれていることからこの説もありますが、
家康は息子にひどいことをしていません。
むしろ大事にする人なので、これもなさそう。

信長の恐怖説

私はこの説を取ります。
家康の後継者である信康の勇猛ぶりと、
信長の息子信忠のイマイチ感。
これを比較したのではないでしょうか。

それで怒りに任せて殺害を指示したというのが私がもっともあり得ると思う説です。
武田家をほぼ壊滅させた信長にとって、
「同盟関係」にある家康はもはや格下です。

そこで、信康を自害に追い込み、
それを断ったら家康を攻めようと決めていたのだと思います。

それを察知した家康はやむを得ず信康を殺したのだと思います。
事実晩年の信長は寄行が目立ちます。

1580年に信勝謀反時の責任を追及して林秀貞を追放。
同じく佐久間信盛を追放。
稀代の天才信長に陰りが見えます。

暴君化した信長による家康家臣化に向けた動きの一環で
ついでに優秀な息子である信康を亡き者にしようとしたために殺されたものだと思います。
そうでなければ優秀な光秀が謀反を起こすはずはないと思いますし。

信康に関してはこの事件位しか書くことはありませんが、
考察を加筆する・・・いやしないか(笑)

11月29日いよいよ信長の野望、大志PK発売!
2019 年2月14日に延期となりました!待たれたし!