夫婦で共闘する

サラリーマン + アルファ
の人生設計を実行に移すにあたっては、
妻の理解が大事です。

サラリーマン + アルファ を実行するという事は
ライフスタイルを変えることに他なりません。
ライフスタイルが変化するという事は、当然家族にも変化が生じるのであり、
それが歓迎されるかどうかは条件次第です。
世帯の収入が増えるのであるから、妻(夫)は当然賛成だ。

と、考えるのは間違いです。

例えば従来家事の分担をしていたものが、
不動産投資を始めたことで、一方に負担が寄ってしまうこともありえます。
この辺りはお互いのコミュニケーションで解決するべき問題ですが、
そもそも「夫婦間でも争いが生じやすいポイント」
であることを認識しておいて、
炎上しないように気を付けておくべきですね。

所詮夫婦は他人ですから、
気を使いすぎて使い過ぎという事はありません。
どんどん気を使っていきましょう。

今日のテーマは共闘ということですが、
特に不動産投資は手がかからないとは言え、
お金はかかりますから、夫婦で一致団結して取り組むべきことは言うまでもありません。
夫婦円満こそが不動産投資の秘訣といっても過言ではありません。

そもそも夫婦不仲になって、不動産投資でせっかく築いた財産を
財産分与やら養育費で失うことになったら意味がありません!

ちなみに私の場合には
「離婚は不利」という妻の理解の元、しっかり協力して頂いています。
離婚したら私が自由になるだけで、自分にはメリットがないとのこと。
悲しい話ではありますが、積極的な協力は得られないものの、
「やりたいならやれば」
という消極的な同意を得て不動産投資をしています。
妻も不動産会社の娘なのですが、あまり不動産には興味がないらしく・・・・。

さて、話がそれました。
要するに不動産投資は家族ぐるみで取り組む方が成功率は高まります。
資金的な支援はもちろん。
連帯保証人になってもらうこともあります。
特に家事の分担という話だけでもやってもらえるとありがたかったりします。
是非奥様(ご主人)の同意と、積極的な協力を得ながら進めていきましょう。

少なくとも隠し事をしながらやるのはおススメできません。
頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください