人生初の電柱使用料をゲットできそうだ。

Lappet-faced vulture (Torgos tracheliotus), South Africa
物件管理

そういえば‥‥、電柱、あったね。

画面に映る電柱。
確かに私の土地に立っている。

この電柱について、
NTTからお手紙が来た。
電柱使用料を払うから契約して欲しいとのこと。
1年で1,500円らしい。

NTTも電柱を持っているとは知らなかった。
どうやら前の所有者は契約したようだが、
売却された後は放置プレイだった。
こういうことはしっかり引き継いでほしいものだが、
これを理由に売値を上げられなくてよかったのかもしれない。

2018年に購入したので、過去3年分と将来3年分をまとめて支払うらしい。
9,000円だ。
安い気もするが、電柱なんて30cm四方程度のスペースしか占有しないので、
まあそんなもんかなと思う。
こんな電柱が100本も集まっても年間15万円に過ぎない。
相当の大地主でもない限りは電柱だけで食っていくのは不可能だ。

それでも、電柱使用料という、
なんとなく「地主感」がある収益は嬉しい。
戸建は多く持っているものの、
いずれの土地も道路に面していないので、
これまで電柱使用料は貰ったことがなかった。

隣地を買ってください!
と、言われて無理して高値で掴んでしまったのが、
この更地だ。

奧の貸家の家賃が1万円UPしたのと、
この電柱使用料年1,500円で、
年収121,500円の土地にレベルアップした。
購入価格は1,000万円なので、利回り1.2%である。

毎回思うが、これは失敗投資だったかもしれない。
もう少しちゃんとした(?)再建築不可の貸家を買えばよかった…。

厄年のラストに相応しく、
うれしいようなどうでもいいような話。

つづく

2 件のコメント

  • ご無沙汰しております。以前数回コメントさせていただいた りくと と申します。
    当時、私も隣地購入を目論んでいたのでSATさんを勝手に身近に感じておりました(笑)
    あれから2年近く経過。まだ隣地は売り物件だけど中身の損耗具合だと売値が高い、と放置プレイ続行中です。
    でも他の方に買われるくらいなら高値でも買ってしまった方が。。。と思ってみたり、
    投資家として「高値でもいいや」はダメ、と思い直してみたり。。。心は揺れ動きます。
    SATさんは隣地買収プロジェクトが現状失敗とお考えですが、結論めいたものが出ているのは羨ましくもあります。
    なにより「地主感」!いいですね!
    2年隣地を横目で見ながら別の築古テラス2軒購入。これからもボチボチやっていきます。
    SATさんの今後の活躍も楽しみにしています。

    • りくとさん
      コメントありがとうございます。
      私の隣地購入についてはちょっとミスをしておりまして、それは、
      公庫の融資条件である「建物取壊し」をOKして購入を断行してしまったことです。

      建物をそのまま貸す前提で売値900万円、想定家賃10万円で投資判断をしました。
      公庫の融資条件が建物取壊しである以上は購入を見送るべきだったのですが、
      買ってもいい理由(接道するから高く売れるはず)を付けて投資に踏み切ったのです。

      結果、土地は売れずに今は駐車場として、隣接地の貸家の家賃Upにわずか月1万円貢献するだけの状況です。

      最終的には利益は出ますが、ちょっと投資判断が「買い」ありきだったなと、反省しています。
      お互いボチボチやっていきましょうね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください