不動産投資家になるために宅建資格は必要ではない。

よくある質問

『不動産投資をやりたいのですが宅建の資格は役に立ちますか?』

本当によくある質問です。
日本人は勉強熱心なので、何をやるにもお勉強です。

いいえ必要ありません。むしろマイナスです。

以前も、投資家になりたいのか?リフォーム屋になりたいのか?
という話を書きましたが、同じことです。
必要ありません。
以前は、「宅建の取得は一般的な不動産の勉強にはなりますが…云々」
と、宅建の取得自体は否定していなかったのですが、
あえてキャラを出すため言ってしまいます。
いや絶対やめておけ、と。

そもそも宅建ってなんですか?

そもそも宅地建物取引士とはどういう資格なのでしょうか?
ちなみに私は持っていません。
宅建とは、

他人の不動産取引に介入して手数料を取るブローカーの資格

あなたはブローカーになりたいのですか?
不動産投資家になりたいのですか?
どっちですか?

そういう話です。
売ったり買ったりを
頻繁に繰り返す場合にも
宅建免許がいるらしいですが、
そんなことをしない限りは必要ありません。
自分の貸家のテナントを募集するのは大家の自由です。
宅建免許は要りません。

但し、人様の物件にテナントを紹介して手数料を得るには
宅建業者の資格が要ります。
(間違ってたらすみません、なにしろ無資格者ですから)

はい、出ました!

不動産投資家が宅建を持つことのマイナス

それは『プロになってしまう。』
と言う事です。
プロはどんな人でしょう?
詳しい人、業界通、不動産をよく知っている、騙されない。

そう、それがプロなんです、
プロになってしまうと、何かトラブルがあった時に
「こいつは有資格者でプロだから、トラブルは予見できたはずだ!」

そんな言い方をされてしまう。
というデメリットがあります。
司法書士資格でも持っていたらどうでしょう。
地面師に騙されてしまっても、
「この人は司法書士資格を持っているプロだ!だから責任の半分はこの人にもある!」

って言われますよ。絶対。
私が弁護士だったら言いますもん(笑)。

だから、勉強するのはいいですけど、
資格なんか持ってしまったら不動産投資にはマイナスですよ?
正直言って。
自分の物件の登記は自分でできますから、
司法書士資格は必要ありません。
そもそも裁判だって自分の権利義務であれば本人訴訟ができるのです。

あくまでも人様の事件に関与、代理して手数料を貰うならば資格が要る。
そういう話ですからね!
だから投資家が資格を持っていることは意味がありません。

ブログのタイトルに
「現役司法書士の不動産投資ブログ~♪」
とか
「現役不動産鑑定士が実践投資~♪」
とか
「現役ナースが不動産投資~♪」

って付けられるくらいのメリットしかないんじゃないっすか!!!???

資格を取るってどういうことか?

資格を取る意味をよく考えてください。
あなたは今、何物なのか私は知りませんが、
私は勤め人です。
自分のサラリーを得られるだけの専門性を持っています。
さらに不動産投資をしています。

加えて

資格を取るという事は時間とカネを投資して事業を始めること

これに尽きます。
人生の貴重な時間と、お金を使って、人から手数料を取るためのお墨付きを得るのが
資格試験取得です。
『不動産投資に役立てるため』とは、弁護士法、司法書士法、宅建業法のどこにも書いてません。

資格を取ったらその資格が許容する業務をやるのです。
営業をしてお客さんを捕まえて、お客さんの役に立って、報酬を請求して、
キッチリ回収する。
それが資格試験を取得する目的です。

資格試験の勉強に逃げるんじゃねえ!

まあ、一軒も物件を持っていないくせに
「まずは資格を取って・・・」と言うのは「逃げ」ですね。
自分のカネを使って勝負(=投資)することから逃げているんですよ、きっと。

そんな暇があったら、居酒屋でも牛丼屋ででもダブルワークして

頭金を貯めろ!

ってことですわ。

餅つきのスキルだって役に立つ

『でも、資格の知識があれば実務で役に立ちますよね!?』

と、食い下がる人もいます。
いや、もうそこまで資格を取りたいなら俺は止めないよ。
って話です。
そもそも資格以外にもワードのソフトを扱うスキルだって、
パワポのスキルだって、
Excelのスキル(のほうがむしろ)も不動産投資には役立ちます。

なんなら写真をきれいに撮る技術だって、
なんでも役に立つわ!
『経営するシェアハウスで餅つき大会をやって入居者の親睦を図れるから
餅つきだって役に立つ』よ?

餅つきは不動産投資に役立ちますよね!!!!

って聞かれてたら役にたたねーよ。
と、答えますしが、
「いや、シェアハウスで餅つき大会の・・・」

勝手にしてくれ(笑)
って話と同じです。

不動産投資をするので宅建を・・・・なんて質問をしていることが
どんなに変なことか理解して下さい。

もっと大事なスキル

それよりも必死でためた100万円を手数料で払って、全額フルローンを組んで物件を買う
度胸はついてますか?
資格なんて医師資格があろうと、カネをぶち込む度胸がなかったらそもそも
スタートラインにすら立てませんからね。

不動産投資と不動産業を両方やる

そんな主張を始める『自称』投資家予備軍もいて、
ここに至ってはもう『処置なし』
今、自分がサラリーマンをやっているくせに
将来は不動産投資と不動産業(売買、仲介双方)やると言いだす人もいます。

その前に勤め人ちゃんとやってる?

私に言われたくないとは思いますけど、
勤め人+不動産投資を提唱している私に対して
宅建資格を取ることを聞いてどうしたいのかと。

そもそも勤め人ちゃんとやって、
銀行からローン出してもらえるような状況を作って、
投資用物件紹介してもらうコネを作って、
買付100回、指値入れまくってやっと1件買って、
貸して、リフォームして、家賃取る。

そこまでやるのだってマジ大変なのに!
「将来は・・・」
いやいや、まず1件買えよ。と。
その前に借金できるだけの勤め人やれと。

100万歩ゆずって

司法書士資格を取って、不動産投資もやる

うん、確かにカッコいい。
言葉は非常にカッコいい。
私もやれるものならやりたい。
でも、サラリーマンと不動産投資すら両立今できていない現実をどうしますか?
そもそも勤め人としてもイマイチな我々が、
両方 や る ????

寝言は寝ていうモノです。
そもそも司法書士で稼げるならそれで稼いで不動産買えばいいけど、

不動産投資(=事業)だけでも十分稼げますからね。

大体2つも手を出している人はどっちも中途半端なんですよ。
株式投資と仮想通貨、『はい、どっちも博打』みたいに。
そもそも何か1つで稼げていたら
それだけやっていればいいのです。

ウォーレンバフェットは不動産投資をしているでしょうか?
彼は株式市場で十分に勝てるのに
あえて不動産をやる必要もありません。

何でもコイに名人なし

この諺(ことわざ)が全てです。
まあ、不動産投資は孫正義さんもやっていますが、
彼はソフトバンクと言うビジネスが本丸です。

トランプは不動産とエンターテインメントでしょうね。
歌手と俳優くらいならかわいいものです。
私だって勤め人だけを一生懸命やっている人には
同じ会社内での出世競争に勝てません。

テニスと野球両方で天下は取れません。
大谷君だって最多勝とホームラン王は取ってないですよ。

資格取る前に働け!

以上

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください