最初が肝心

不動産投資を勘違いしている初心者はこころして欲しい事実。 はじめの1歩を踏み出すことが最も難しいという事実です。 不動産投資のはじめの1歩目とは 最初の物件を買う事です。 簡単に買ってしまうとまず失敗します。 私の場合には 自宅(将来は貸すかもしれない)でした。 35年ローン 金利1.475%(当時) 月次返済額89,000円のローンを組んで 高田馬場(西早稲田駅もすぐできました)徒歩7分のマンションを 築13年で買いました。 これは間違いなく失敗に近い投資です。 自分が住むということと、賃貸に出す。 2つを同時に満たすのは難しいことです。 そもそもピッチャーとしてもすごい、 バッターとしてもすごい、大谷翔平のようなプレイヤーは 少ないです。 確かに住む(野球)という領域では同じことですが、 自分で住む(ピッチャー)ことと他人に貸す(バッター)ことは 別なことです。 賃貸併用住宅も同じ理由でイマイチだと思います。 少々メインテーマから話がそれてきたので戻します。 最初に買う物件は大事という話ですが、 よくある失敗事例として ① 新築ワンルームをやっちまう。 ② 建売新築アパートをやっちまう。 ③ スル〇銀行のようなローンを組みながら高返済比率でやっちまう。 (返済比率 = 元利の返済額 ÷ 家賃収入 × 100、家賃が年120万円で元利返済額が年90万円であれば 90 ÷ 120 =75%、50%以下が望ましい) こういう罠にはまるケースが多いです。 単に勉強不足ですが、 そんな罠にはまってしまってから、 経験者に「どうしたらいいですかー!」と、 尋ねる場合が多いです。 そんな手遅れ状態で来られても。 というのはよく聞く話です。 だから最初に信頼できる相手に相談するのもいいですし、 勉強をしっかりしておくということでヤバい物件で出足から躓(つまづ)くことを 避けなければいけません。 「信頼できる相手」というのも難しくて、 相談2時間〇万円と言っておきながら、 不動産会社に紹介してキックバックを貰っている アリ地獄みたいな投資家やコンサルタントもいます。 実際私もそうかもしれません。 「結局どうやってスタートきったらいいんじゃー」 という結論が見えない展開になってきましたが、 おススメは ① 小さく1件買う。 ② コンサルとかの怪しい紹介では絶対買わない。 ③ ②に関連して、自分で見つけて、問い合わせして買う。 ④ 経験者のアドバイスを得る。 こんな感じでしょうか? 私でもいいです。 Twitter にメッセージを下さい。 最初でコケると挽回は難しいですからね~。 ...
2018年6月25日0 DownloadsDownload